picture

【出汁の取り方】忙しくても楽しめる簡単レシピ

味噌汁、煮物など和食の味の決め手といえば、出汁。
出汁をとるには、水に浸けておいた昆布をかつおぶしと煮だして濾して・・・と、手間と時間がかかるイメージがありますよね。

スタッフKもきちんと出汁をとる暮らしに憧れながら、いつも使うのは市販のだしです。我が家は小さなこどもがいるので、市販だしの添加物や味の濃さが気になっていました。
忙しい毎日でもおいしく、安全に、手軽にお出汁をとれたら…

今回は、そんな出汁のとり方をご紹介します。

 

出汁とは…

出汁とは、鰹節、煮干し、昆布、しいたけなどを使ってうま味を水に溶けださせたもの。昆布はグルタミン酸、かつお節・煮干しはイノシン酸、しいたけはグアニル酸、といったうま味成分が含まれています。2種類以上の素材を組み合わせたものを合わせ出汁といいます。「昆布+かつお」「昆布+しいたけ」など、異なるうま味成分をかけあわせると、相乗効果でさらにうま味がアップします。

 

気軽に楽しむ出汁のとり方

<水出汁>
昆布、鰹節、煮干しなどを水につけて一晩(8時間以上)冷蔵庫に入れておくだけでできる簡単な方法です。

 

 〇昆布だし  ・水 1000ml
・昆布 10g
※昆布の大きさは10cm角目安

POINT

昆布は水洗いはNG。うま味が逃げてしまうので、乾いた布でふき取りましょう。

おすすめの使い方

控えめで繊細な味なのでおひたしや煮物、だし巻き卵、湯豆腐などに。昆布は健康や美容によく、そのまま飲むのもおすすめです。

 

 〇かつおだし  ・水 1000ml
・かつお節 10g

POINT

鰹節の細かいカスが気になる時には、お茶パックに入れるのもおすすめです。

おすすめの使い方

水出汁は煮出すよりもすっきりとした味になります。味噌汁、煮物、和え物などに。かつお節は疲労回復や空腹を感じにくくなる成分が含まれているので、そのまま飲むのもおすすめです。

 

 〇煮干しだし  ・水 1000ml
・煮干し 10g

POINT

全体が銀色のものが鮮度がよく、黄色いものは避けて。煮干しの苦味が気になる場合は、煮干しの頭と腹をとっておきます。

おすすめの使い方

魚らしい風味があるので味噌汁やうどん、煮物などにぴったりです。

 

 〇合わせだし  ・水 1000ml
・昆布 10g
・かつお節 10g

POINT

昆布と煮干しの場合でも、それぞれ10gになります。

おすすめの使い方

味噌汁や煮物など、様々な料理におすすめです。

 

・準備するもの

使用する容器は冷蔵庫で保管しやすい形状のものを。麦茶の水だしポットなどポケットがついているとすぐに具材が取り出せるので便利です。

 

・日持ち

保存の目安は、冷蔵庫で約3日。冷凍保存なら2週間ほど日持ちします。製氷機でブロック状に凍らせると、使いたい時に必要な分だけ使えて便利です。赤ちゃんの離乳食作りにもおすすめです。

 

試してみました

スタッフkも、合わせ出汁でいつものお味噌汁を作ってみました。いつも使っている市販だしに比べると塩分がないのであっさりしているものの、出汁のうま味がきいているような気がしました。

前の晩に材料を水に浸しておけば、翌日の朝にはすぐ使えるので忙しい毎日でも続けられそうです。

色々試して慣れてきたら、素材の種類や産地にこだわったり、自分好みのブレンドを見つけるのも楽しそうです。材料と水さえあれば簡単にできるので、気軽に試してみてくださいね。

 

最終更新日:2024.02.19

この記事の関連商品

前後の記事を読む